--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-08-23

女木島・男木島

今、直島を中心に瀬戸内の7つ島で「瀬戸内国際芸術祭」をやっているのですが、まずはその中の島の男木島・女木島に行ってきました
2週間ほど前のことです



高松経由でも行けるのですが、とりあえず宇野港から直島経由で男木島に行くことに
(帰りは便数の多い高松経由で帰りました)
1008081.jpg直島の看板娘「赤かぼちゃ」を激写
直島はこれくらいで男木島に



1008088.jpgフェリー乗り場のすぐ近くにある交流館で情報収集

1008082.jpg 1008084.jpg 10080816.jpg
一見フツーに見える民家の中が別世界になっていたり


1008083.jpg 1008086.jpg 1008087.jpg 
あるいは島の風景の中に溶け込んでいるアート作品

瀬戸内の美しい海を見下ろせる
坂道を登ったり降りたり微妙に道に悩んだりしながら(島の道は狭いうえに入り組んでいてわかりづらいんです)
島に点在するアート作品を探すのが楽しい♪
瀬戸内国際芸術祭のパスポートで行ったのですが、それにハンコを押して行くのがスタンプラリーみたいで楽しい♪


1008089.jpg男木島を堪能した後はフェリーで女木島へ




女木島といえば鬼が島
10080810.jpg「鬼の洞窟」へ
鬼の洞窟の中にはどうにもゆるい感じの鬼や桃太郎のオブジェと10080811.jpg
芸術祭のシャープで格好いい作品が混在していてなんともいえない空間に


10080813.jpg 10080817.jpg



10080812.jpg
それぞれのアート作品も素晴らしかったのですが、この瀬戸内の風景に勝るアートはありませんね
直島が成功したのもこの風景があればこそって気がします



10080815.jpg
帰りが遅くなってもどうしても参加したかった「木もれ陽プロジェクト」
日没後にはじまるイベントなんですが、木漏れ日が星☆型なんです
それを「星とり網」で掬うんです
星を掬うんですよ!!
なんてロマンがあって素敵な企画☆☆
「星は持ち帰ることができませんので」と金平糖をくれたのも胸にズキューンときました



連日の猛暑で着物は厳しかったのと、男木島は坂が多いしかなり歩くと聞いたので、この日は珍しく洋服で出かけました
まあ洋服で正解だったかな
あれくらいの坂なら下駄でもなんとかいけただろうけど(慣れていない方は無理です)、この暑さに着物は耐えられなかったと思います


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

テレビの特集を見ていく気満々。。
日没からの作品はこれからどんどん日が短くなったら早い時間からみられるんだろうか?
ガイドブック買ってチェックしていきます。
どの写真もすごくきれいですね。
豊島も気になってます。。

さくらさん
男木島・女木島は思った以上に楽しかったです
豊島もいいらしいですね~
行かなくちゃ☆
木もれ陽プロジェクトは期間限定のイベントで、今はもうやっていないようです
またやればいいのに
プロフィール

季緒

Author:季緒
休みの日はワクワク着物生活を送っています。
本読んだり、お昼寝したり、イラストを描いたり、お出掛けしたりで暇のような忙しいような日々。
活動量は人より少なめ

岡山県在住

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。