--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-10-01

吹屋へGO!

この週末に吹屋やなんかイベントがあるというので行ってきました
銅山開山とか3つの記念の重なった周年記念まつりをやっていて、吹屋にあるいくつかの施設が無料公開されてました

吹屋は銅山とベンガラで栄えた町で、ベンガラ格子の昔ながらの街並みが残っています
ベンガラは吹屋の特産品の赤色顔料で、九谷や伊万里の赤いとこがそれです


20071001222440.jpg
まずは「吉岡(吹屋)銅山 笹畝坑道」へ
受付でヘルメット借りて入ります
見れるのは銅山のほんの一部なんですが、涼しくて20071002215248.jpgこんなもんがありました
近くの酒蔵の貯蔵庫


続いては映画「八つ墓村」のロケ地にもなった「広兼邸」
20071002220020.jpg山城のようなおうち
広兼氏は銅山とローハ(ベンガラの原料)の製造で巨大な富を築いた庄屋さんで、この建物は文化7年(1810年)に建てられたものだそうです
庭園には水琴窟なんかもありなかなか素敵です
ここの立派の石垣は半分くらいに土に埋まってしまってるそうで、建築当時はもっと大きくそびえ立つお城みたいだったのかな~?





20071001220430.jpgいよいよ「吹屋ふるさと村」町並みへ
こちらでは「旧片山家住宅」や「郷土館」なども無料公開されていました
20071002221157.jpg吹屋小学校
築100年以上たったこの木造校舎まだ現役で使われています
こんなかわいい校舎で育った生徒は幸せだな~
現役の小学校ですので中に入ることはできませんが、校庭から写真撮らせていただきました
20071002222032.jpg吹屋の街並みに溶け込む郵便局





20071002223103.jpg天領大庄屋 西江邸
西江氏も鉱山とローハの製造で栄えたおうちです
広兼邸と同じくまるでお城のようなおうちなんですが、広兼邸より幾分優美な印象を受けました
広兼邸は豪族のおうちって感じ

20071002224204.jpg瓦に蝶が!
こちらの家紋は揚羽蝶なんですね


070930.jpg
天気が微妙だったので洋服地の着物にしました
でも雨に降られませんでしたよ

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

気になっていながら、何十年も行っていない吹屋です。
見所が多いのですね。

参考にして来年こそは。

ぴてさん
吹屋よかったですよ
ぜひ行ってみてください
来年もこのイベントやってくれるといいですね

偶然お会いしたのには驚きました。
それにしてもベンガラの何とも言えない色合いの建物たち。
かわいらしかったです。
まだこの時は岡山もあつかったですがここは一足先に秋がきてましたね。
プロフィール

季緒

Author:季緒
休みの日はワクワク着物生活を送っています。
本読んだり、お昼寝したり、イラストを描いたり、お出掛けしたりで暇のような忙しいような日々。
活動量は人より少なめ

岡山県在住

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。