--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-10-29

着物で倉敷に

着物仲間と倉敷散策してきました
倉敷に着いたらすごい人でしたが、
着物だとすぐわかって待ち合わせがスムーズです
20071030202847.jpg



くらしき川流し
20071029224134.jpg
舟には5人までしか乗れないため二手に分かれて乗り込みました
20071029224314.jpg
舟から見る倉敷はいつも見る風景とまた違って素敵でした
予想はしてましたが、着物着て舟乗ってると観光客が面白いほど写真撮ってました

くらしき川流しは美観地区観光案内所で申し込めます
10分程の短いコースですけど、300円とお手軽なので体験してみる価値ありです


このあと三宅商店でお茶
ほんとはパフェ食べたかったのですが、この後コース料理をいただく予定でしたので断念しました

ディナーは「レストラン&喫茶 N's 食彩 Swan」で
美観地区のど真ん中にあるフレンチのお店
20071030202039.jpg 20071030202103.jpg 20071030202128.jpg 20071030202148.jpg 20071030202205.jpg美味しそうに撮れません




071027.jpg
菊の大胆なデザインが素敵な着物
模様の置き方が変で好き
写真には出てませんが、半衿も菊で菊尽くし


071028.jpg
これは翌日瀬戸大橋祭に行った時にした格好
友達に「せんい祭に着物なんて」と言われましたが、彼女もそのあとの用事がなければ着物を着たはず!
スポンサーサイト
2007-10-26

かわいいの神様

内藤ルネの訃報に合掌
ご冥福をお祈りします
20071026194538.jpgルネ人形

2007-10-21

倉敷屏風祭

今日は倉敷屏風祭でしたので倉敷に行ってまいりました
倉敷に着くと屏風祭のメイン会場である本町通りはいつもと違ってすごい人出です
無料着付け場所なんかもあったせいか着物の人もたくさんいました
屏風祭は阿知神社の秋祭りにあわせて家々が軒先に屏風を飾り人々をもてなした祭りで何年か前に復活したのです
いつもは入れない民家や旅館の玄関先や庭などに入れて楽しいです

20071021205350.jpg1番のお気に入りの屏風♪
デジカメのメモリーカードを忘れたのでほとんど画像がございません


途中倉敷に来たら寄らずにいられないちりめんdonyaさんですごく好みの着物を発見
トルソーに飾ってあるのを無理やり脱がしていただいてまいりました
この着物は近日公開予定なのでお楽しみに~
(あっもしかしてハードル自分で上げちゃった?)
次にやはりアンティーク着物を扱っている番匠屋に寄ろうと思ったら母から電話があり一緒に屏風祭を回ることなりここはいけませんでした
着物屋さん行くと盛り上がちゃって時間忘れるので、時間のあるとき一人か同じ着物好きな人としか行けません


母が来るまでのわずかに時間に芸文館でやっている倉敷アートマーケットに
あまり時間がなかったのでゆっくりできなかったのですが、何人かの友人に友人に会えて楽しかったです
でも今回は去年のイベントより小規模になってました


母と合流し改めて屏風祭を楽しんで、そろそろ帰ろうかとしていたら倉敷アートマーケットに参加していた友人から電話が
「アートマーケットの会場でお花のコサージュ落とさなかった?」
ふと見ると帯のとこにつけていたはずのコサージュがありません
ええ!ええ!!落としましたとも!!!
会場の落ちているコサージュを見て色といい模様といい私のっぽいからって電話くれたんです
あわてて取りに行きましたよ
みっち~さん、あい子さんありがと~♪
無事戻ってほんと嬉しいです~


071021.jpg今日の格好
この着物にこの帯は合わないかと思ったけど、合わせてみたら思ったよりいけるかも~

夜は知り合いの家に寄ることになっていたので、そこの奥さんにいただいた着物を着て行きました
すごく喜んでもらえて着たかいがあったわ~
その方は全然着物着てなくて私に下さる時に箪笥をあけるまで何十年も着物をほとんど見ることもなかったというのに自分の持っている着物をしっかり覚えているんです
やっぱ女にとって着物っていうのは特別なものなのかも知れませんね
着物は着ないけど捨てられないって人も結構いますものね

2007-10-17

秋なので

最近急激に寒くなったのと、父が何故か家をオール電化にし(何年後かには引っ越すかもしれないというのに!)IHだとお湯が沸くのが早いのが嬉しくて、よくお茶を飲んでいます
気分やお茶うけによって日本茶だったり紅茶だったり
あったかいお茶はほっこりします


20071017214225.jpg
本日のお茶うけは栗きんとん
この季節1度は食べたい秋の味覚です
成形されていないものを買ったので自分で形を整えていただきます
栗きんとんってこんな形だったけ?


071017.jpg今日の格好
菊づくし
袷の季節になって着物のコーディネイトがますます楽しい



2007-10-16

ヤミ市してました

この前の日曜日は禁酒会館ヤミ市に参加しました
怪しげな名前ですが健全なイベントです
アートマーケットしている横で美味しい食べ物があり、中庭では20071016204337.jpg紙芝居があったり20071016204357.jpgライブがあったりなかなかに楽しいイベントです
禁酒会館は大正時代に建てられ岡山空襲を生き延びた趣のある建物
その場にいるだけで楽しいですよ~

20071016201905.jpg着物仲間と
キッコーマンの前掛けがとてもイカしている彼女はミニ手まりで参加してます
20071016202754.jpg
この季節に開かれるヤミ市ではいつも蝉の抜け殻がついた風船がたくさん用意されています
何故にセミの抜け殻??
なかなかに突っ込みどころも多くてそんなことも楽しいです


20071016203224.jpg今私の携帯ストラップはこんな感じです
今回の戦利品は黒字に赤の麻の葉模様のミニ手まり
ちなみに後ろのミニキューピーは昔温泉に行った時に買った「温泉限定キューピー」・・・限定って割にすごく範囲が広いような


アートイベントでよく一緒になる人にいつも食料を持ってる言われたので、ヤミ市で食べた物を振り返ってみます

まず設置中に家から持っていった栗きんとんとチョコレートで英気を養う
米粉のシフォンケーキ(もっちりふわふわ)
タコライスに杏仁豆腐(タコライスは半分豪快に地面にぶちまけました)
ちと肌寒かったのでハニーレモン(ホット)
差し入れでいただいたクッキー(これ激ウマ)
やっぱり寒かったのであったかいハーブティー
タコライスを半分こぼしたと嘆いていたらそこの人が同情して杏仁豆腐をもう一個くれました♪

結構食べてますね
食べ物のあるイベント万歳!!










2007-10-12

日曜日はお暇?

今年最初で最後の禁酒会館ヤミ市が10月14日に行われます
私も参加するのでお暇でしたらお立ち寄りくださいな♪


禁酒会館ヤミ市

10月14日(日) 12:30~20:00

於:禁酒会館
 路面電車で城下下車徒歩3分
 大正時代に建てられた趣のある建物にはでっかく「禁酒會館」って書いてあります


アートマーケット、フード、ライブなどなど


15:00~19:00
ライブ
島津田四郎がやってくる!! 元サニーデイ・サービスの曽我部恵一 主宰のレーベル「ROSE RECORDS」からの天才シンガーソングライター。
19:00~20:00
キャンドルナイト

*アートマーケットは日暮れまでやっています

2007-10-01

吹屋へGO!

この週末に吹屋やなんかイベントがあるというので行ってきました
銅山開山とか3つの記念の重なった周年記念まつりをやっていて、吹屋にあるいくつかの施設が無料公開されてました

吹屋は銅山とベンガラで栄えた町で、ベンガラ格子の昔ながらの街並みが残っています
ベンガラは吹屋の特産品の赤色顔料で、九谷や伊万里の赤いとこがそれです


20071001222440.jpg
まずは「吉岡(吹屋)銅山 笹畝坑道」へ
受付でヘルメット借りて入ります
見れるのは銅山のほんの一部なんですが、涼しくて20071002215248.jpgこんなもんがありました
近くの酒蔵の貯蔵庫


続いては映画「八つ墓村」のロケ地にもなった「広兼邸」
20071002220020.jpg山城のようなおうち
広兼氏は銅山とローハ(ベンガラの原料)の製造で巨大な富を築いた庄屋さんで、この建物は文化7年(1810年)に建てられたものだそうです
庭園には水琴窟なんかもありなかなか素敵です
ここの立派の石垣は半分くらいに土に埋まってしまってるそうで、建築当時はもっと大きくそびえ立つお城みたいだったのかな~?





20071001220430.jpgいよいよ「吹屋ふるさと村」町並みへ
こちらでは「旧片山家住宅」や「郷土館」なども無料公開されていました
20071002221157.jpg吹屋小学校
築100年以上たったこの木造校舎まだ現役で使われています
こんなかわいい校舎で育った生徒は幸せだな~
現役の小学校ですので中に入ることはできませんが、校庭から写真撮らせていただきました
20071002222032.jpg吹屋の街並みに溶け込む郵便局





20071002223103.jpg天領大庄屋 西江邸
西江氏も鉱山とローハの製造で栄えたおうちです
広兼邸と同じくまるでお城のようなおうちなんですが、広兼邸より幾分優美な印象を受けました
広兼邸は豪族のおうちって感じ

20071002224204.jpg瓦に蝶が!
こちらの家紋は揚羽蝶なんですね


070930.jpg
天気が微妙だったので洋服地の着物にしました
でも雨に降られませんでしたよ

プロフィール

季緒

Author:季緒
休みの日はワクワク着物生活を送っています。
本読んだり、お昼寝したり、イラストを描いたり、お出掛けしたりで暇のような忙しいような日々。
活動量は人より少なめ

岡山県在住

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。